スロット解析

番長3のやめどきはいつ!? ベル回数・ART後などヤメ時について

どーも、富士山です。

今回は番長3の「やめどき」について記事にしてみました。

番長シリーズでお馴染みの「引き戻し」なども含め、ベル回数・ART後など状況によって

やめどきが異なると思われるので、色々と調べてみました。

それではどーぞ。

やめどき・ベル回数

■対決ベル回数でのやめどき

対決ベル回数でのやめどきは、

基本的にはベル天井やゾーンが近くない場合は即ヤメ。

ゾーンが近い場合はゾーン抜け後ヤメ。

■例
・15~17
・30~32
など。

対決ベル回数40くらいから天井の64まで打った場合

期待値的にはプラスになるので頭に入れとくといいと思います。

■天井ベル回数でのやめどき

天井ベル回数は一応70回くらいからプラスになりますが、天井が200回と結構深いので、

僕の場合は70とか80でもやめちゃいますね。

110回~なら天井まで打ち切ります。




やめどき・ART終了後

ART終了後の基本的なやめどきは前兆確認でやめ。

ただ、ART後は引き戻し特訓抽選も行われるため注意が必要です。

ART終了後商店街ステージの場合は

引き戻し特訓突入の確率が大幅アップとなるので、

ART終了後48G+αまで回しましょう。

ART終了後が喫茶店の場合も引き戻しの期待度が若干優遇されるので、

その場合もART終了後48G+αまで回しましょう。

公園ステージの場合は無理に引き戻しを追うことはしなくていいでしょう。

▼関連記事▼
・番長3 商店街ステージ ART終了後に移行すると?

・番長3 引き戻し詳細

やめどき・対決カウンター緑の場合

対決カウンターが緑の場合は32回以内での対決が確定します。

このような状況になるパターンは、

ART中に金剛苑ステージへ移行(カウンターが緑になる)して

そのセットでARTが終了する場合となります。

僕の場合はベル回数に関係なく対決発展まで打ち切っちゃいますね。

ART中のベルモードを活用してのやめどき

ART中のベルモード移行率を見ておくと
やめる際に役立つパターンがあるので紹介します。

例えば10回・20回・40回・50回いずれかの
規定回数で対決に発展したとします。

その場合は通常Bが選択されている可能性が上がる
ので次回のモードが対決連チャンモードに期待ができます。
※対決連チャンモード期待度約66%以上

その状態で通常へ転落した場合は

「引き戻し確認と対決間ベル回数7回」

を確認してやめるようにしましょう。
※通常Bへ移行時は対決連へ移行するまで
転落しないため一度対決連を抜けても有効です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です