スロット解析

ディスクアップ【朝一リセット挙動まとめ】ガックンやRT転落リプレイなど

どーも、タクミです。

今回は「ディスクアップ【朝一リセット挙動まとめ】」について記事にしました。

朝一の挙動を見抜くのは設定判別に欠かせないポイントになると思います。

まず、設定変更かどうかジャグラーなどはガックンと言われている独特なリールの動きで見抜くことができますが、ディスクアップはできるのか、気になったので調べてみました。

その他にもRT転落リプレイについても書いてあるので参考にしてください。

それではどーぞ。

朝一ガックンはある?

ディスクアップは朝一ガックンが有効です。

朝一1G目にガックンとリールが揺れる事をガックンと言います。

1Gだけなので見逃さないように注意してください。

ガックンの注意点

朝一ボーナス図柄が揃えてあるホールはガックンチェックは効きません。

また、設定変更を分からなくするために予め1G回しているお店も存在します。

ホールの癖を知ることが重要なポイントにもなります。

朝一ガックン動画

RT転落リプレイとは

転落リプレイはART中に押し順ミスをしてしまうと出現します。

その場合は内部的にATとなります。

純増0.5枚のAT状態なので、出玉は通常時とほぼ変わらず減ります。

「復帰させるにはボーナスを引く」しかありません。

転落リプレイ停止パターン

※転落リプレイを引いてもDJタイムは終わりません。



設定変更は見抜ける?

設定変更は上記に書いたガックンを使って見抜くことができます。

ですが、ホール側が設定変更をわからないように対策していると見抜くのは難しくなります。

対策されているホールの場合は小役確率・ボーナス確率などで設定推測していくしかないですね。

まとめ

■朝一ガックンについて
・ガックンは有効
・ホールによって対策されてる可能性あり

■転落リプレイとは
・ART中の押し順ミスで出現
・DJタイムは終わらないが出玉は減る

■設定変化は見抜ける?
・基本的はガックンで見抜く
・対策しているホールの場合は設定推測する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です