スロット解析

【パチスロヱヴァンゲリヲンAT777】設定6の挙動やグラフまとめ

どーも、タクミです。

今回は「パチスロヱヴァンゲリヲンAT777 設定6の挙動やグラフ」について記事にしました。

今作のエヴァの設定6はどのような挙動をするの気になったポイントを調べてみました。

安定した挙動になるのかそれとも荒れてしまうのか、ネットなどの情報を基にまとめてあります。

実践する際に自分の台とこの記事の情報を照らし合わせてみると参考になると思います。

またグラフの画面もありますので気になる方はぜひご覧ください。

それではどーぞ。

目次(クリックで見出しへジャンプ)

設定6の挙動

設定6の挙動ですがどうやら、チャンスゾーン(CZ)当選率が抜群に良く、1日回して300G超るのが数回だけだったそうです。

打った方の感想を見てみると、CZ当選率が優遇されていてとにとにかく設定6は分かりやすく安定しているようで、肝心なCZ確率はどのようになっているのか下に画像を貼ってあるのでご覧ください。

▼6確が出た台のCZ確率になります。

僕が打ったものとは別格のCZ当選率です。

▼ちなみに僕が打った台のCZ確率はこちらになります。

実は自分が打った台は設定2以上が確定する演出がでてスルー天井、高確周期、弱レアIC(インパクトクライマック)色々良く出玉もついてきたのでもしかしたら設定6かと思ったのですが、最初の画像のCZ確率を比べてみると別物ですね(笑)

自分が打った台は恐らく中間設定だったのかも知らません。

CZ確率は高設定ほど優遇されていると思いますので実践する際は必ずカウントした方がいいでしょう。

設定6のグラフ

設定6とにかく安定したグラフになっています。

またほとんどの台が安定して4000枚以上出ていてあからさまに設定6がグラフで分かってしまうという人もいます。

■パターン1
■パターン2
■パターン3
■パターン4

ネットやSNSで設定6と言われている記事や投稿を参考にグラフ載せてあります。

どのグラフも安定感がありますね。

ここまで綺麗なグラフになるということは設定6の挙動は別格になると思います。

実践している際に自分のグラフと記事のグラフを比べてみると少しは役に立つと思うので参考にしてください。

ですが、個人的にはあまりグラフばかりあてにするのは良くないと思います。

何故かというと、もしグラフが凹んでしまった時にやめるべきポイントを見失うので小役確率やCZ確率もしっかりとカウントしましょう。

設定6要点まとめ

設定6の挙動やグラフについて調べてみました。

挙動に関しては設定6は抜群にCZ当選率が高くなっているのと、高確周期が選ばれる確率が高くなっています。

CZ当選率が高い台は粘って見ていいと思います。

また今作のエヴァはボーナス終了画面など色々なポイントで設定示唆をしているので見逃さないように注意しましょう。

設定6のグラフはまるでAタイプの高設定のように右肩上がりになっています。

出玉もしっかりとついて来ているグラフがほとんどで設定6の勝利はかなり高いと思われます。

ですがグラフだけで設定判別してしまうとグラフが凹んでしまった時にヤメ時を見失うので小役確率やCZ当選率もカウントしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です