スロット解析

アナザーゴッドハーデス2-冥王召喚-「ジャッジメント詳細」アナザーレジェンドがやばい

どーも、タクミです。

今回は「アナザーゴッドハーデス2-冥王召喚-ジャッジメント」について記事にしました。

ジャッジメントは前作にもありました上乗せ特化ゾーンになります。

前作までは「ケルベロス・ペルセポネ・ハーデス」の3種類でした。

今作から4つ目の特化ゾーン「アナザーレジェンド」が追加されていて、その上乗せ性能が凄い様なので調べてみました。

ケルベロス・ペルセポネの性能も変化しているので参考にしてください。

それではどーぞ。

ジャッジメント突入契機・上乗せ性能

役割 上乗せ特化ゾーン
当選契機 確定役
ジャッジメント経由
ART中の抽選

ジャッジメントは4種類の上乗せ特化ゾーンのどれか1つが選択されます。

性能はそれぞれ違い

ケルベロス
ペルセポネ
ハーデス
アナザーレジェンド

の順に上乗せ性能が高くなります。

下記に各種の上乗せ性能と平均上乗せをまとめてあります。

ケルベロス

継続G数 5G+α
平均上乗せゲーム数 100G

5G保証+α継続で毎ゲーム10G以上の上乗せ発生。

咆哮すれば30G以上の上乗せ。

前作のハーデスでは平均上乗せは75Gでしたが、今作はでは平均100Gに上がっています。





ペルセポネ

継続G数 10G+α
平均上乗せゲーム数 200G

10G保証+α継続

紫7揃いで50G以上の上乗せが確定します。

前作では平均上乗せは150Gでしたが、今作はでは平均200Gに上がっています。

ハーデス

継続G数 10G+α
平均上乗せゲーム数 300G

10G保証+α継続。

ハーデス揃いで100G以上の上乗せになります。

前作同様に平均上乗せは300Gになります。

アナザーレジェンド(三神複合)

継続G数 10G+α
平均上乗せゲーム数 510G

10G+αでケルベロス、ペルセポネ・ハーデスのいずれかが登場しゲーム数を上乗せ。

上記全が複合した最強の上乗せ特化ゾーン!

紫7or冥王図柄が揃えば上乗せ確定なのはもちろんですが、中下段に「紫7・冥王図柄がダブルで揃うと150G以上の上乗せ」が確定。
※ダブル揃いテンパイ時は実戦上フェイクなし

ジャッジメント中にゲーム数ロック発生で「10G連続上乗せのチャンス」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です