実践記事

北斗の拳7初打ちで見えた攻略そして注目演出はこれだっ!!前編

どーも。へタクです(^^)

今回は「パチンコ北斗の拳7」を初打ちしてきたので、そのことを記事にしてみました。
かなり一撃性に重視された台なので大勝ちも余裕の射程圏内、結果はどうなったのか?
それではどーぞ♪

パチンコ北斗の拳7スペック

パチンコ北斗の拳シリーズの第7弾

スペックは非常にシンプルな確変ループタイプ
大当たり確率は1/319で確変割合(継続)は65%
右打ち中はバトル勝利(確変継続)時は全て2400個という一撃性を重視されたタイプ。

初当たりが確変だった場合の平均連チャンは約5連
ざっくりですけど、平均約1万発くらい出ることになりますね^^

実践

午前中の用事を済ませて
少し時間が空いたので、いつものマイホールへ

スロットを一通りみるが期待値がプラスの台は空いていなかったので
パチンココーナーに向かう。

パチンコを打つなら北斗の拳7と決めていたので、他の台には目もくれずに北斗の島へ。
30台近くあるのだが空き台が目立つ。

「おもしろくないのか?」


一瞬他の台に浮気しそうになるが、店に入る前からパチンコを打つなら北斗の拳7と決めていたので
空き台の中から少しでも良さそうな釘を探す。

少し時間をかけて
ようやく勝負台が決まり実践開始。

そこで違和感が。

筐体がなんか違う。

そうそれは「北斗無双」だったのだw

北斗の拳7 北斗無双

と並んでいたので分かりずらいのもあったが、、、

何をしてるんだ俺は。

もう一度台を選びなおし
今度こそ北斗の拳7へ

打ち始めて千円
まじか。30回も回る。

まだまだ俺の眼力も落ちてないな
とドヤ顔で続行していると

最初の千円は完全なる上ムラでどんどんと回転数は落ちていく。。。
諭吉一枚で平均20くらいに落ち着いた。

それにしても全く見せ場がこない。

「つまらん。。」

てか
一つ気になる演出がある。

これだ




注目演出の一つと言ってもいい。

ケンシロウは何を言っているんだ?
これから殺す相手に対して

「唄ってみろ」って

完全なるサイコパスだろ。

世紀末だけは味わいたくないものだ。

しかし
世紀末というフレーズが出たので
思い出したんだけど北朝鮮のミサイル問題はどうなっているのだろうか。

いつもヒヤヒヤしてニュースを見ている。
トランプさん、安倍さんどうにかしてください。

話がそれたので
話を戻して

すると台が気持ちをくみとったのか
動きを見せる。

7の先読み予告から
北斗百裂拳予告
そしてラオウとレイの対決へ

最後のカットインは緑
ハズレ。。

今回パチンコを打つなら上限は2万までと決めていたので
正直今ので当たってほしかったところだが、

もう一枚の諭吉に願いを託し。
続行する。

が、
しかし

またもやお通夜モードに突入。

「っざけんなよ。」

あっという間に二人目の諭吉が戦死した。

こんなんじゃ記事にもならねっ!
と思い5千円だけ追加することにした。

そして遂に運命の時がやってくる。。。

つづく。

今回は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です