スロット解析

バジリスク絆 オールベルに設定差は?ハズれるパターンなど調べてみた

どーも、富士山です。

今回は「バジリスク絆 オールベルに設定差はあるか?外れるパターンなど」記事にしました。

AT突入契機のひとつである、
BC中のオールベルですが、恩恵や設定差はあるのか?
ハズレしまうのはなぜなのか?
意外に皆さんが勘違いしている事などを調べてまとめてみました。

それではどーぞ。

オールベルとは?

バジリスク絆のオールベルは、BCの1G目から最後まで、
全て押し順ベルで消化した場合のことを指し、AT当選確定となります。

途中でリプレイやレア役はもちろん、
「共通ベルを挟んだ場合にもオールベルにはなりません」

また、「1G目から」になりますので、
例えば、1G目にリプレイで、2G目以降に8回連続で押し順ベルが成立しても、オールベルではありません!
ここはしっかりと覚えておきましょう。

※オールベル達成時は、ビリー音が鳴ります。

オールベル達成時継続率振り分け

オールベル達成時の
ループ率振り分け
設定 25%ループ 33%ループ 50%
1 91.2% 5.0%
2 90.4% 7.7%
3 89.1% 6.3%
4 86.0% 11.1%
5 82.3% 8.3%
6 77.9% 14.3%
設定 66%ループ 80%ループ
1 2.8% 1.0%
2 1.6% 0.4%
3 3.1% 1.6%
4 2.3% 0.6%
5 6.3% 3.1%
6 6.3% 1.6%

バジリスクチャンス中にオールベルした場合は、
ループ率があるATストックを1つ獲得することができます。

ATストック時の振り分けとしては、

「25%ループor33%ループ」

この2つがほぼ選ばれますが、

「高設定ほど高継続」を選ばれる可能性が
若干アップしています。

ネットで調べると、
「オールベルは50%継続率以上」という情報が、
割と多く出てきますが、これは「誤情報」のようです。

オールベル設定差はあるのか?

バジリスク絆の、BC中の押し順ベルの確率は、1/1.8となっています。
8回連続だと押し順ベルを引く「確率は約0.9%」となります。

押し順ベルには設定差はありません。
それとオールベルは設定差のある共通ベルは認められないので、
オールベルの確率には設定差はないことになります。

設定差がないということは自分の引きでATを獲得できるチャンスになりますね(^^)




真瞳術チャンスでのオールベル激アツ⁉

真瞳術チャンスの
上乗せ非当選時の振り分け
AT 設定1~6
66%ループ+1セット 25%
66%ループ+3セット 25%
80%ループ+1セット 25%
80%ループ+3セット 25%

真瞳術チャンスで

■カットインでの上乗せ
■レア役成立での上乗せ

がなかった場合は、

「保証として66%ループ以上」

のATが確定。

さらに「ループ率なしのAT」ストックを
均等に1個or3個ストックします。

よって、真瞳術チャンス中に、「上乗せがない」場合は
大量出玉に繋がる可能性が高いですね。

それに加えて、
真瞳術チャンスが「オールベルのみ」
終了してしまった場合は

先ほど説明したオールベルの恩恵、
「ループ率ありのATストック」を1つ獲得!

実質、真瞳術チャンス中に
オールベルのみで終わると、

・ループ率ありのATストック1つ
・66%ループ以上AT+ストック1個or3個

かなり強力な恩恵になっていますね。

場合によってはフリーズよりも強力な爆発契機になりますね(^^♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です