雑記

男性必見!!モテる男は〇〇がうまい!この夏彼女を作るテクニック!

どーも。へタクです(^^)

今回は夏に向けて「モテる男のテクニック」を調べて記事にしてみました。
テクニックといってもたくさんあると思うので
今回は「女性をホメる」場合のテクニックを紹介していきたいと思います^^

目指せホメ上手!女性が言われて喜ぶポイント6選!!

「男女を問わずホメられるのは嬉しいもの」ですよね^^

だけど、いざ自分がやってみようと思っても、彼女には照れちゃってなかなか言いづらかったり、
わざとらしく不自然になっちゃいそう……
なんて二の足を踏んじゃう男性も多いと思います。
だけど女の子は、カレのことを好きで頑張った分だけ、そのことをホメてもらいたいと願っているものだと思います。

今回はそんな「ホメ下手」な人にも使いやすく、女の子が喜んでくれるポイントをご紹介します^^

1.育ちが良さそうなところをホメる

箸の持ち方が上手、字がキレイ、などの「育ちの良さ」的ポイントは、面と向かってホメられる機会が案外ないものです。

自分の中ではずっと前から身についていることだし、それが当たり前の感覚になってるから、人からホメられると新鮮に感じるんです^^

そんな自分でも意識してないポイントをホメられると、「この人、こんなに私のこと見てくれてるんだ」と嬉しく感じるもの。もし見つけたら積極的に口に出してみるといいと思います^^

2.結果よりも過程をホメる

男の子は、自分のしたことの結果をホメられると喜ぶけど、
「女の子は結果よりも過程をホメられる方が嬉しく感じる」みたいで、
結果そのものよりも、そこまでの自分の頑張りを見てくれてたっていうのが嬉しいんですよね。

例えば彼女の手料理をホメるときでも、「おいしかったよ」という結果だけよりも、「一生懸命作ってくれてありがとう、おいしかったよ」と言われた方が嬉しいもの。彼女の「頑張り」を気づいてるよって伝えてあげるのもポイントの1つです^^

3.間接的にホメる

彼女をホメたいなと思っても、「今日もカワイイね」みたいな直接的な言葉は、言うのが照れちゃうし、軽そうとかチャラそうって見られちゃうこともありそうですよね(^^;

そういうときは、「そろそろ暑くなってきたし、今日の水色のワンピ、涼しげですごいイイね」など、彼女の服装や持ち物をホメてみて。直接的なカワイイ、センスがいいって言葉よりも、そのモノを実際にホメられる方が「これを選ぶキミが素敵だよ」って気持ちがより伝わりますね^^

4.「いつも」をつける

「この料理おいしいね」「今日のアクセサリーかわいいね」など、下手すると「限定的に聞こえてしまう言い方はキケン」だと思います。

ホメたつもりが、「こっちの料理は失敗なのかしら」「昨日のはかわいくなかった?」なんて思われちゃったらもったいない! そんなときは「いつも」をつけると、普段から相手を気にかけていることや日頃の感謝がより伝わるし、間違って反感を買うこともありません^^

5.「お前といると癒される」

お互いに無口だったり、会話が少なくても、沈黙を楽しめてるカップルって素敵ですよね^^

特に話題がなかったとしても「この時間、好きだな」「お前といると癒される」などの言葉は、「一緒にいていいんだな」「私は必要とされてるんだな」って感じられて女の子は嬉しいものだと思います。

口数が少なかったり、「自分が口下手だなって感じる人にはオススメの一言」
ふと会話が止まったときや、自宅デートでのんびりしてるときなんかに、一緒にいられる居心地の良さを伝えてみてみましょう^^

6.「でも、こういう風に言えるのお前だけ」

好きな人から「お前だけ」なんて言われたら、すっごく嬉しいですよね^^

特にイライラしちゃったり、「ちょっとケンカして謝るタイミングを探してるとき」には絶対オススメです。
好きな相手だからこその「あなただけ感」を伝えてみてはどうでしょう^^

それだけ本音で言える相手だって信頼されてるんだなっていうのが感じられて、
仲直りのきっかけになること間違いナシだと思いますよ^^

まとめ

まとめとしては「ホメる」のは相手の良いところを探すこと。
仮にそれまで意識していなかった相手でも、自分の良いところを見つけてくれる人だったら興味も湧くし、だんだん好きになったりしちゃいますよね。

「ホメることで、楽しく、気持ちよくコミュニケーションが取れる」ので

相手の喜ぶポイントや自分の言いやすいホメ言葉をマスターして、
彼女の良いところや新しい魅力を発掘してあげてみてはどうでしょうか^^

今回は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です