実践記事

「負い目のなさが拳に力を呼び勝ち目を呼ぶ」…パチンコで検証してきました。

最近また「フルーツサラダヨーグルト」にハマっている男。

どーも。へタクです(^^)

セブンイレブンに売っている「フルーツサラダヨーグルト」なんですけど…
めちゃくちゃうまいですよねあれ(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

ご存知の方も多いと思いますが説明させていただきますと
ただヨーグルトに大きめのフルーツがゴロゴロと入っているだけのもの(笑)
なんですけど、ヨーグルトが甘すぎずにフルーツ甘みを生かせていて、そのバランスがかなりいいんですよね~(^^)
食べたことない方は、おすすめなんで1度食べてみてください(●´ω`●)

ハイ!
今回はツーモの五輪の書「グラップラー刃牙」の名台詞
「負い目のなさが拳に力を呼び勝ち目を呼ぶ」をパチンコで実践してきたときの事を記事にしてみました!
それではどーぞ♪

「負い目のなさが拳に力を呼び勝ち目を呼ぶ」…

この台詞は刃牙に出てくるキャラクター柴千春(しばちはる)が言った台詞で
柴千春とはどんなキャラクターかというと刃牙とかみたく何か格闘技をやってるわけでもなく
ただ気合と根性だけで勝負する暴走族の総長をやっている奴です(笑)

柴千春は次のようにも続けています。

「自分はこの喧嘩でなに1つ負い目はねぇっ!その気負いっ!その自負心こそが拳に力を呼び勝ち目を呼ぶんだっっ!!」

そう。その日は、自分はこのスロットでの勝負でなに1つ負い目はねぇ負けるわけがねぇ。
そんな気持ちで実践したらどうなるのか検証してきました(笑)




マイホで実践…

朝、目が覚める。
その日は完全に刃牙モードに入っていた。
しかし突然頭に違和感が…

「うっ、いてぇ。頭がいてぇ。。」

そう、二日酔いである。
今日という大事な日の前日に酒をたらふく飲んでしまったのである。

「くっそっだが負けねぇ俺に負い目はねぇ!」

よくわからない言葉をはきながら
柴千春並みの気力で立ち上がりホールへ向かった。

そしてホールに向かう途中で気づいたのだが…

「朝じゃねぇ。もう昼過ぎだ…」

その日はそこそこ熱いイベントだったのだが完全に大遅刻なのだ。

ホールに着いて打てる台を探すがスロットは何一つ空いてなかったのでパチンコを打つことにした。

勝負台に選んだ機種は「ガンツ」ツボにはまれば簡単に何万発と狙える極悪スペックだ。
一応釘をみてまわっているとあきらかに俺を意識している台が…

俺はその台の前に立ち

「上等…」
と一言つぶやき台に座った。

今日の軍資金は諭吉3枚。
最初の諭吉をサンドに入れる。

ハンドルを強く握りこみ
顔と台の距離おおよそ5㎝にセット
にらみをきかせながら

「自分はこのパチンコでなに1つ負い目はねぇっ!俺は負けねぇ!絶対に負けねぇ!」

と二度ほど唱え実践していく

すると数秒後…

「近ずぎる。。目が痛てぇ…」

台にかなりの至近距離でメンチをきっていたため目が痛くなってしまったのだ。

なのですぐに普通に打つことにした。

そうこうしているうちになんの見せ場もなくあっという間に最後の諭吉がサンドに入る。少し弱気になりかけたが

「自分はこのパチンコでなに1つ負い目はねぇっ!俺は負けねぇ!絶対に負けねぇ!」と二度ほど唱えることで強気を保った。

だが、何も起きずに残りのお金は野口一枚に…

そこでもまだあきらめない俺。

するとここで最初にして最後の大チャンスが!!

疑似3からの金文字からの千手観音後半発展!!

そして運命のボタンプッシュへ!

「うおおおおおおおお~!!!」

ペッシッ!

まさかのハズレ…

最大のチャンスを逃した俺はその台をあとにした。。

そしてホールを出てボソリとつぶやいた。

「俺は負けてねぇ…」

検証結果…

検証結果としては普通に三万ストレートで負けました(笑)
全っ然意味なかったです(当たり前ですけどね笑)
本気で負い目の無さっぷりは出したんですけどねぇ~(笑)

というわけで今回は以上になります。
最後までお付き合いありがとうございましたm(__)m

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です