スロット解析

パチスロ【超GANTZ】液晶出目の上位状態示唆

どーも、富士山です。
今回はパチスロ【超GANTZ】液晶出目の上位状態示唆について記事にしました。

それではどーぞ。

超GANTZ 液晶出目

・液晶出目は状態や前兆を示唆しています。

出目の上位状態・前兆期待度
出目パターン 期待度
奇数テンパイ
奇数バラケ目
左偶数+奇数ケツテンパイ
左奇数+奇数ケツテンパイ
奇数ハサミ+中偶数
奇数逆巡目
偶数巡目
奇数ハサミ+中奇数
奇数巡目
液晶リーチ目
123(朝一目) 168(いろは)
175(イナゴ) 184(イワシ)
223(富士山) 283(翼)
315(最高) 354(神輿)
365(365日) 415(よいこ)
428(四谷) 448(使者)
481(支配) 514(来いよ)
526(小次郎) 543(暦)
681(無敗) 664(ろくむし)
753(七五三) 728(浪速)
821(ハニー) 758(名古屋)
841(弥生) 831(野菜)
873(花見) 845(梯子)
744(七匠) 884(林)
634(武蔵) 31転(採点)



通常時の液晶出目は滞在モードや前兆を示唆しているようです。

液晶リーチ目に関してはミリオンゴッドシリーズとかなり似ていて、「744」と「31転」以外の他はほぼ同じになっていますね。

一方で、出目パターンの示唆に関しては偶数巡目の強さなどが、ミリオンゴッドシリーズとは少し異なるので慣れている人は注意しましょう。
ただこの台の「高確は有利区間ランプである程度把握可能」なので、そこまで覚える必要もなさそうですね。

▼有利区間についての詳細はこちらを参考にしてください▼
パチスロ【超GANTZ】有利区間とは? 有利区間移行抽選 解析

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です